睡眠を妨げるむずむず脚症候群

寝ていると、足がむずむずしたり、虫が這っているような感覚に襲われたり、脚の中が火照ったり、電気が流れたような感じがする、といった不快な症状で睡眠が障害される病気が、近年多くの人に認知されるようになった「むずむず脚症候群」です。

神経内科の受診が一般的

レストレッグス症候群とも呼ばれるこの病気は、日本人の約3%が罹っているとされていますが、治療が必要な程度の症状の人は約1%とされています。足がむずむずする症状は毎日起きる人もいれば、週に1回程度の人もいます。症状が現れる場所は足だけでなく、腕や背中なども起こります。

むずむず脚症候群の発症には、脳の神経伝達物質である「ドーパミン」の機能障害や、ドーパミンの生成に欠かせない鉄分不足などが関係しているとされています。手足の震えや動作の緩慢などを主症状とするパーキンソン病もこのドーパミン不足で起こりますが、この二つの病気の間に直接的な関係はないというのが現在の定説です。そのほか、鉄欠乏性貧血、妊娠、腎不全などに伴って発症することがあります。

むずむず脚症候群には、パーキンソン病に治療薬としても使用されるドーパミン作動薬「プラミペキソール」が高い効果を示します。パーキンソン病の患者さんに投与するよりも量はずっと少ないので、副作用はほとんど現れません。鉄分が不足している場合には「鉄剤」も併用します。プラミペキソールの服用でも症状の改善が診られない場合には、抗てんかん薬「クロナゼパム」が処方されます。

コーヒーや緑茶などのカフェインの多い飲み物や、お酒は寝つきが悪くなったり、睡眠が浅くなったりするので、寝る前にとるのは避けるのがベターです。個人差はあるものの、寝る前に脚をマッサージしたり、脚にシャワーをかけて症状が改善された人も少なくないようです。

医師の負担を軽減する多職種連携

一般の方には、病院は医師を頂点としたピラミッド型の組織で、看護師や薬剤師、臨床検査技師などのほかの医療職種や事務系の職員は、医師の指示に従うだけというイメージを抱く方が少なくありません。

確かに昔はそのような部分もありましたが、近年は医師とそれ以外の医療職種、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー、医療クラーク、保健福祉士などが連携して様々な業務を行っています。その目的は医師が行う診療以外の業務を軽減し、医師の疲弊を少しでも防ぐと共に、医師不足を補うことにあります。

診療においては、10年ほど前から看護師外来や助産師外来などを設置する病院が増えています。前者は、患者からの日常的な相談などを、主治医の管理の元に看護師が担当するものです。後者は、医師の診察を受けた上で、助産師が妊婦の相談などを担当し、院内助産所を設置している病院では、医師の管理の下、以上のないお産は助産師が行っています。

ドライマウスなどの口の病気

高齢者に多いドライマウスは、口の中が乾く、ネバネバする、ものが食べにくいなどの症状がでるものの、生命にかかわる病気ではありません。しかし、治療をせずに放置しておくと重大な病気に繋がるリスクがあります。

唾液に含まれる抗菌物質には、ウイルスや細菌の増殖を抑える作用があります。ところが免疫が落ちたり、唾液の量が少なくなったりすると、この作用が損なわれ、細菌やウイルスが増殖してしまい、感染症にかかりやすくなってしまいます。高齢者の場合、風邪やインフルエンザなどの感染症が命取りになることがあります。また、口の中の雑菌が誤って肺に入って肺炎となる、誤嚥性肺炎を起こしやすくなるのも大きな問題です。

ほかにも、ドライマウスの人は咽頭炎や食道炎、胃炎などを起こし焼く、また口の中の感染症である、虫歯や歯周病にもかかりやすくなります。そのほか、健康であれば問題ない口の中のカンジダ菌が繁殖しすぎてしまい、口臭や舌の痛み、味覚障害を起こしたりすることもあります。

口の中が乾くのは老化現象だから仕方ないと思っている方も多いようですが、廊下で唾液の分泌が減る量は10%程度で、多くの患者さんは、糖尿病や腎臓病、シェーグレン症候群、口呼吸、ストレス、薬の副作用など複合的な要因が重なり合っておきています。

口が渇いて深いというドライマウスのつらさは、体験した人でないと分かりにくいものです。少しでも症状を間然し、快適な生活をおくためには大阪歯科大学附属病院など、専門医がいる病院を受信することが大切です。

残留農薬は過度に不安視する必要なし

近年の健康志向の高まりを受け、テレビや雑誌では、さまざまな健康食品やサプリメントの広告を目にしますが、その効果は宣伝通りに受け取れないものも数多くあります。特に、食物繊維やビタミン類、野菜に含まれるポリフェノール類い、ハーブなどの食品生活が「デトックスによるダイエット効果」があるとの記事や広告が、ちょっと前の女性誌には氾濫していました。

ダイエット効果だけではなく、有害な化学物質を体か排出する手段として取り上げられている例もありました。しかし、このような説を裏付ける科学的根拠はほとんどありません。詳しく調べていくと民間療法の類のものでしかなかったり、研究を行っていたとしても、それは動物に限定して特定の物質を大量投与した結果であり、人間が日常的に職説で接種する量とはかけ離れていたりしています。

また、無農薬をアピールして付加価値をつけた農産物が注目を集めていますが、果物や野菜の残留農薬は心配する必要ありません。各農薬に設定された基準値さえ守られていれば、普通の生活で私たちが食べ物経由で摂取する農薬の量は1日摂取許容量の100分の1以下です。その100倍量を「生涯続けて」摂取して、初めて健康に害を及ぼすリスクが高まるのです。